読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマの巻 メンタリスト

こんにちは。

頭の中に海外ドラマがつまりぎみなので、海外ドラマの巻。

今回は「メンタリスト」。

日本では、”スーパー!ドラマTV”で、遂にファイナルシーズンが放送開始!

シーズン1から観ていると、すっかり情がわき、ファイナルと思っただけで、もったいなくて、観たいという思いと、観たくないような思いが、いったりきたりしています。

 

このドラマは、観察することにたけていて、人の心理を読み、操ることのできる”メンタリスト”のパトリック・ジェーンという主人公が、犯罪コンサルタントとして活躍するお話しです。

”メンタリスト”という言葉自体は、Daigoさんのご活躍で知られているように思います。

大きなメインストーリーは、主人公の宿敵レッド・ジョンの捜査というものがあるのだけれど、毎回、1話完結のストーリーが用意されていて、”刑事コロンボ”や、日本だと”古畑任三郎”を観ている感覚に近いかもしれません。

毎回、テンポがよくて、ひねりのある捜査が気持ちいいドラマですが、私が、もう感服してしまっているのは、キャスティング。最高!

メインキャストが、そろいもそろって、笑顔が本当にチャーミング。

真顔の演技が多い中、笑った時のギャップで、ハートわしづかみです。

 

主人公パトリック・ジェーン役のサイモン・ベーカーは、以前、”堕ちた弁護士 -ニック・フォーリン-”というドラマを主演していたので知っていたのですが、当時は、ドラマのシナリオが良くて観ているという感じで、主役に強い印象は持てませんでした。あくまで、私はです……。

今回の役は、甘い笑顔連発で、この方の最大の魅力は笑ったとこだなあとしみじみ。

テレサ・リズボン役のロビン・タニーも、びっくりするくらい笑ったところがかわいい。他のキャストも、それぞれたまらん感じです。

中でも、キンブル・チョウ役のティム・カンは、役柄、感情をあまり表に出さないのですが、それでも、たまに微笑むことが……それが、良すぎるですよ。

笑っている幸せな場面も多くて、観ていると幸せな気持ちになります。

あー、終わって欲しくないです。

 

マイ分類

・犯罪系

・キャストGood系

・ストーリーGood系

・軽め鑑賞系

・シーズンで当たり外れ無し系

・幸福度高め系